色筆の記録

物好き

皮肉屋な空挺兵

AD-06 クロスヘアーズ(ムービーアドバンスドシリーズ、ロストエイジ

運良く手に入ったので紹介。ただし、武器や説明書の無い中古品だったため、いくつかの説明は省きます。

 

ロボットモード・キャラクター説明(ウィキペディア等参考)性格は皮肉屋で、ひねくれた物言いや悪態が多く、台詞を二回繰り返す癖がある。オートボットの中でも特に人間(「KSI」や「墓場の風」)たちから受けた仕打ちに憤りを感じており、テッサ救出時やダイノボットとの共闘にても当初は渋るが、ノリノリで戦闘に挑んでおり、戦闘後はスコーンに「トゲトゲ(Spike)」という渾名をつけるほど気に入るなどお調子者の面も見られる。

名前はターゲットマスターとして発売された玩具に由来。

 

本編で射撃や精密作業時に、頭部の左右色違いのゴーグルを着用してましたが、購入したこちらは塗装が落ちているようです。格安だったので覚悟はしてましたが。

一応、過去のアニメや玩具等にも登場していましたが、元ネタといえど実写と全然違う姿です(初代のアイアンハイドに近い体型で、色は赤と青が基調)。装甲の一部がコートのような形状になっており、その内側に仕込んだサブマシンガン※を駆使した早撃ちや曲芸撃ちが得意。

※パンフレットでは武器が「ブラスター」とされてます。また、「上空から下降しての奇襲攻撃を得意として」との文も。玩具では、胸近くのコートが軟質パーツで再現されているので、経年劣化が気になりますね。前の持ち主が売却したのも、それが原因かも(?)背面。車のガワがそのままコートのようになってます。歴代のトランスフォーマーでも珍しいガワの処理ではないかと。

 

武器が付いてなかったので、バトルコマンドオプティマスプライムの付属品を持たせてみる(銃といっても、こちらはロックダウンの狙撃銃みたいな型ですが)

SS版ショックウェーブに付属していた隊員のパラシュートを付けてみる本編でも空中の射撃では、背中に仕込んだパラシュートを使ってました。

空挺という言葉自体、航空挺身部隊つまり落下傘降下で敵地を占領するための部隊を意味するので、彼にぴったりですね。

まあ、性格からして、今まで他の部隊と協力していたとは考えにくいですが。

 

ビークルモード緑色のシボレー・C7コルベット・スティングレイに変形。サイドスワイプコルベットに変形しますが、色が違うだけでもだいぶ印象が変わります。

 

総評

クワガイガーもそうでしたが、武器の無い単体でも十分遊べますね。パラシュート等の小道具も、多少強引ですが他から流用しても映えます。

気になるのは、ガワの一部の軟質パーツ。既に発売から何年も経っているので、ここはゆっくり慎重に扱う必要がありそうです。

以上、AD-06 クロスヘアーズ(中古品)のご紹介でした。では