色筆の記録

物好き

手のひらサイズのスクィークス

メタコレ トランスフォーマー スクィークス(メタコレシリーズ、最後の騎士王)

このブログでは珍しい、非変形のトランスフォーマーの可動フィギュアです。

キャラクター説明 オートボットに新しい仲間が登場。

ディセプティコンの野望を阻止する為に人間達と一緒に戦う。

ビークルモードには変形できません。

中通り片足のタイヤが無くなっており、変形はしません。

可動頭は180度。(もっと動かせそうですが、壊れそうだったので)腕は360度回転できそうですが、どうしてもどこかに当たります。横に広げるのは無理。ミラーも360度回せますが、非常に取れやすいので注意。

机のお供等にいかがでしょうか?

 

 

ザ・ムービーと2010のチャー

SS-61 カップ(スタジオシリーズ、ザ・ムービー、2010)

今回紹介するのはスタジオシリーズより、カップことチャー(日本語版)です。

海外だとザ・ムービーの登場キャラクターは「SS-86」シリーズに統一されるようです。確かに、スタジオシリーズは「映画のトランスフォーマーの立体化」が目的となってますが、その理屈ならビーストウォーズの映画のマジンザラック等も出せるのでは。何なら、本編未登場のレッドフッドのスチールジョーまで出てますし…

ツッコミはともかく解説。

キャラクター説明(画像が荒くてすみません)オートボットの老兵。ピックアップトラックに変形する。

幾多の戦場での経験を語り継ぐベテラン戦士だが、残念ながら、その冒険談を聞いてくれる仲間は少ないようだ。

ディセプティコンの攻撃から脱出したホットロッドと共に行動し、ピンチをすりぬけて行く。

 

箱の解説にはザ・ムービーが日本未公開な事にも触れてます。権利の問題が厳しいとは思いますが、何かしらの形で吹き替え版が見れるようにならないでしょうか(投稿者はザ・ムービー未視聴。そもそも見る手段があまりに限られてる)

ディスプレイ背景は映画に登場したとされるイカ(?)の怪物。

ロボットモード初代によくある箱(?)型の体型。ただ、やや細身のためかガワは最小限に抑えられている気がします。手足は取り外し可能。どうも映画でバラバラにされる場面があるらしく、その再現だとか。

こんな妄想ジオラマ

顔には集光ギミックが。

武器銃が一丁。武器ではありませんが、エネルゴンを入れる箱(?)も付属。こちらも映画で使ったそう。

ビークルモードサイバトロン星のピックアップトラックに変形。実は投稿者は最近まで、SFカーだと思い込んでました。この見た目に惹かれて購入した記憶。

付属品は横に取り付け可能。

総評

もう作品自体は1986年と、だいぶ昔のアニメで、しかも日本で上映されてないそうですが(とはいえ一部の映画館では見れたらしい、続きの2010はテレビ放送されたそう)、今では見慣れない車両に変形したり、それ以外にも遊べる要素はあるので、少しでも興味を持った・あるいは昔彼らの活躍を見たことのある人は、是非集めてみてはいかがでしょうか。

以上、SS-61 カップことチャーの紹介でした。では

破壊大使ではない方のオーバーロード

SS-54 ディセプティコン オーバーロード(スタジオシリーズ、リベンジ) 

題名でお分かりだと思いますが、今回紹介するのは「超神マスターフォース」等に登場する破壊大使オーバーロード(OVERLORD)ではなく、コンストラクティコン(ビルドロン)のオーバーロード(OVERLOAD)

ややこしいですが、一文字違いです。意味は、前者が「大君主」、こちらが「過負荷」。 

※画像が荒くてすみません。

キャラクター説明コンストラクティコンと呼ばれる種族に分類される。8体のトランスフォーマーが合体して完成するデバステーターの腰部(ようぶ)を構成し、大型の特殊ダンプトラックに変形するディセプティコンの兵士。合体時の要(かなめ)の部分を構成するが、ロボット形態での目撃例は極めて少なく謎の多い兵士だ。

 

ハイタワーもですが、公式でも謎だらけという設定のようです。出番が合体時なので、仕方ないと言えばそうですが。自分で設定を考えて遊ぶのには向いてそう(?)

 ディスプレイコンストラクティコンは全てこの背景。エジプトのピラミッドとデバステーターの影。

オーバーロードに合わせ、大きさもかなりあります。 

ロボットモード(劇中未登場)三つ目でカニみたいな四本腕に尖った尻尾(?)と、赤い節足動物に仏像や明王(?)を足したような姿。コンセプトアートでは、下半身も節足動物のような多脚らしく、ピクシブ百科事典だと「メソポタミア神話の怪人ギルタブリル※を彷彿とさせる姿」と解説されてます。

※ギルタブリル:アッカド語で「蠍(さそり

)人間」の意。角の冠を被り、アゴヒゲのある人間の上半身に、鳥の下半身と鉤(かぎ)爪、蛇頭の男性器、蠍の尻尾を持つ姿とされる。死神の様な姿だとする伝承もあるとか。

ウィキペディアによると、映画を原案とした絵本にも登場するそうですが、それは確認できず。

顔の拡大三つ目で、真ん中の目とアゴが若干ショックウェーブに似てるかも。

渋みの問題かもしれませんが、首の可動は広くはないです。変形の関係で、首のパーツを画像みたいに動かすのはできます。小さいフィギュアなら乗せられそう。

他キャラの武器を持たせてみると、強者(つわもの)のような感じに

 多脚繋がりでクワガイガーと

付属品(劇中未登場)デバステーターの顔と首の間の部分。

説明書では本体パーツとされてますが、形や位置的にミックスマスターの部位だと思うのですが…。劇中のビークルモードでも、これを載せていた記憶が無いので。

まあ、予算配分の都合?でしょうか。

ビークルモード本編では、コマツ・HD465-7というアーティキュレートダンプトラックに変形。

玩具では、他と同様似たり寄ったり(?)の架空の車両に変形します。 

付属品無し劇中だと、ディセプティコンの紋章が矢印辺りにあったはずですが、そこ含め造形が簡略化されている印象。ただ、登場するのがほぼ一瞬なので、そこまで気にはなりません。

 合体モード説明通り、デバステーターの腰になります。これだけでも強そう。

総評

出番は少ないですが、車の変形だけでなく合体もできるので、玩具としてはかなり遊び応えのある型だと思います。

多腕や見た目の迫力もあって、ポーズ付けも捗(はかど)りそう。

以上、SS-54 ディセプティコン オーバーロードの紹介でした。では

バンブルビーの喉(音声機能)を破壊した者達

ゴースト・オブ・イエスタデイ(前日譚とされるが、現在と設定が違いすぎるためイフ、パラレルとして扱う)

メガトロン・サイバトロン星の「タイガー・パックスの戦い」にて

 

実写映画シリーズ(6作目「バンブルビー」)

ブリッツウイング

 

 

実写玩具(1作目の玩具)

ハードトップ

・互いに宿敵らしい

・セクター7の関係者?

・オフロードバギーに変形

 

実写以外の作品

トランスフォーマープライム(TFP

メガトロン・その様子が回想で描かれる。

 

トランスフォーマーサイバーバース(TCV)

メガトロン

・日本語版だとアドリブ(?)多め

 

 

フォロワーさんからいただいた話ではありますが、実写ビーに関しては、ブリッツウイング以前に何度も喉をやられていたとすれば、ハードトップや何度も声が変わることにも、一応の整合性はとれるかも。

 

足長軍医

RA-28 N.E.S.T(ネスト)ラチェット(リベンジ)

今回は中古品のネストラチェットをご紹介。

クロスへアーズやクワガイガーと同じく、一部の説明を省きます。

ロボットモード記事の題名にもしましたが、まず目を引くのは足。

後輪のガワは若干服(?)の一部のようになってます。手に物を持たせるのは難しいかも。左胸にオートボットの紋章。武器(EMP※ブラスター)は付属してませんでした。なので割愛。※電磁パルス

ビークルモードハマーH2レスキュー車(救急車)に変形。

ちなみに、この車両は撮影のため用意された、存在しない架空の型だそう。SEARCH & RESCUE(探して治療する)の文字と心音図のような模様、ドアのオートボットの紋章が目立ちます。

総評

これもクワガイガー等の記事と同じ言い方になりますが、単体でも十分遊べます。勿論、通常通り武器等が正しく付属しているのが良いとは思いますが。

以上、RA-28 N.E.S.Tラチェットの紹介でした。では

余談:合計アクセス数が3000を超えました。今後も見てくださると嬉しいですm(_ _)m

ステルスメガトロン

TLK‐EX ステルスメガトロン(最後の騎士王、トイザらス限定)

箱のイラストTLKシリーズの限定品は、基本この絵柄だった気がします。背景は、サイバトロン星で戦うオプティマスとメガトロン。

5月25日追記:また、説明書と共に、裏に古代サイバトロン語でENERGON、AUTOBOTと書かれた背景カードも同封。横には、古代サイバトロン語でCYBERTRON「サイバトロン」と書かれてます。

裏にはメガトロンの詳細があり、名前の下にはRUTHLESS OPPRESSOR(冷酷な圧制者)と。

ロボットモード(劇中未登場?)トランスフォーマージェネレーションズのメガトロナスの流用で、頭のみ映画準拠の新規造形。そのため、頭以外は劇中と違い別物に。加えて、大きさもメガトロンの玩具としては珍しく小柄(通常はもっと大型)。

参考までに1作目の玩具を

武器(劇中未登場?)お馴染みのカノン砲。古代サイバトロン語で、MEGATRON「メガトロン」と書かれてます。 

ビークルモード(劇中未登場)B-2爆撃機のような架空のステルス機に変形。武器が分割・差し替え変形で翼に。逆に装着してない姿がこちら。どことなくエイに似てるような。オリジナル変形ですが、戦闘用ボートに見立てたり。ランディングギアも出せます。

5月25日追記:余談ですが、ステルス機の技術はエイリアン由来という都市伝説があるとか。まあ、この作品だとメガトロンが地球の様々な機械の基になっているので、実写TFではそうかも。 

総評

結論から言うと、収集マニア向けです。

 どういう意図で製作・販売されたかいまいち分かりませんが、映画の記念玩具としては悪くないですし、変形も武器がビークルの一部になるという変わった型なので、遊ぶ分には全然問題ないと思います。

(むしろ、最近はまった人には新鮮かも)

以上、ステルスメガトロンの紹介でした。では

 5月25日追記:背景カードの収集要素もあるため、比喩ではなく本当に集めたい人向けかと。