色筆の記録

物好き

狡猾な追跡者

f:id:iropenkun:20220103213310j:plainシャッター2(スタジオシリーズ、BB※)※六作目「バンブルビー

新年あけましておめでとうございます。

今年最初に紹介するのは、スタジオシリーズ版の航空機仕様のシャッター。(発売されたのは2020年ですが)

車にも変形するトリプルチェンジャーですが、玩具の都合かそれぞれ分けての立体化。

 

キャラクター説明f:id:iropenkun:20220103214507j:plain新たに戦闘機をスキャニングし、空からもオートボットを狙うディセプティコンの追跡者。

格闘術を得意とし、強烈なパンチやキックでバンブルビーを追い詰めた。

VTOLタイプのジェット戦闘機に変形する。

 

ディスプレイf:id:iropenkun:20220103213537j:plain背景は当時のセクター7室内。おそらく、そこで機械を改造していたときの場面の再現。

 

ロボットモードf:id:iropenkun:20220103213621j:plain細部まで造形が作り込まれています。車の前面にもなっている胸や首元のヘッドライト、猫のような口元までしっかり再現。「722」の数字が無いのと、ガワと一体化した手が気になりますが。f:id:iropenkun:20220105073318j:plainf:id:iropenkun:20220105073345j:plain変形途中の姿。この状態も、割と似合う(?)

 

f:id:iropenkun:20220105073442j:plain背中のガワの処理は、他の航空機型のTFと少し異なり、ランディングギアで固定される仕組み。f:id:iropenkun:20220105073551j:plainf:id:iropenkun:20220105073617j:plain背骨のような模様も確認できます。

 

武器f:id:iropenkun:20220105073225j:plain二丁のブラスター。本編では、腕から生えるように銃が出てきたと思うのですが、こちらでは手や腕と一体化するように持てます。

f:id:iropenkun:20220107215931j:plainf:id:iropenkun:20220107215939j:plainロボットモードの翼でも、向きを変えればとりつけが可能。

箱の説明通り、映画でも銃だけでなく、ビーと格闘・剣を奪ったりしてました。

余談ですが、シャッター(Shatter)の意味は「粉砕する」「(希望など)くじく」。まさに彼女を体現しているような言葉です。

 

ビークルモードf:id:iropenkun:20220103214330j:plainf:id:iropenkun:20220103214359j:plainf:id:iropenkun:20220103214426j:plain架空のVTOL(ブイトール)ジェットに変形。本編だと「ホーカー・シドレーハリヤーT.2」という戦闘機※に変形していましたが、玩具ではライセンスが取れなかったのか、架空の機体です。

武器は翼に装着できます。

※世界初の実用VTOL機らしく、アメリ海兵隊ではAV-8A/Cと呼ばれていたそう。VTOL「垂直離着陸」という意味。

 

f:id:iropenkun:20211025172932j:plain総評

全体の再現度が高く、変形もあまり難しく感じなかったので、キャラクターフィギュアとしても可変玩具としてもおすすめです。また、実写シリーズでは珍しい女性キャラの敵で、「人類の味方を装う」という歴代の敵の中でも珍しい立ち回りをするので、最期含め記憶に残ってます。

以上、スタジオシリーズよりシャッター2のご紹介でした。では

考察する上で重視していること

投稿者(私)は基本、考察するときはなるべく公式情報に準拠する・仮定はあまり多くさせないことを重視としてます。

小難しく言うと、オッカムの剃刀(かみそり)とか言われるものです。※「ある事柄を説明するのに、必要以上に多く仮定するのは意味がない」とする考え方

この方法は物事の真偽を判定するための方法ではありませんが、考察(あるいは妄想)や仮定、こじつけが行き過ぎるのを抑えてくれます。

小説「シャーロックホームズ」等で有名な消去法の話にも似ているかと。

まあ、「オッカムの剃刀」でも消去法でも、私の強引な解釈に変わりはないですが…

iropenkun.hatenablog.com

 

iropenkun.hatenablog.com

 

iropenkun.hatenablog.com

 

iropenkun.hatenablog.com

 

iropenkun.hatenablog.com

 

勇敢な戦闘員

f:id:iropenkun:20220103233743j:plainSS-53クリフジャンパー(スタジオシリーズ、BB※)六作目「バンブルビー」の略

今回紹介するのは、スタジオシリーズよりクリフジャンパーです。

初代では過激な言動の目立つ性格でした。最近は公式から露骨に冷遇されるやられ役みたいな扱いが多いように見えます。

ディスプレイf:id:iropenkun:20211214213509j:plainBBスタスクと同じく、サイバトロン星の風景。

ロボットモードf:id:iropenkun:20211216075757j:plainビーと同型というのもあってか、後にこの型は同シリーズのB-127にも流用されます。指の本数もビーと同じ4本。

f:id:iropenkun:20211216075832j:plainf:id:iropenkun:20211217204638j:plain説明書では、首の後ろの溝に銃を収納するそうです。

f:id:iropenkun:20211216075911j:plain首の接続部分が個体によって、当たり外れあるよう(頭が下がらないらしい)ですが、正直よくわかりませんでした。ただ、やや猫背みたいに見えはします。

f:id:iropenkun:20211214213630j:plainf:id:iropenkun:20211214213652j:plain箱のイラストには、シャッターとドロップキックにやられたような傷跡が。

f:id:iropenkun:20211214213630j:plain敵であるシャッターにも「勇敢」と言われる程、彼のオートボットへの忠義は深いようです。箱のキャラ説明にも、その面が強調されているように見えます。

というか、最近のシリーズの脚本、作品問わずクリフの扱いが冷た過ぎる気が...

余談ですが、1作目の玩具にも、ビーの流用でクリフが発売されていたそうです。こちらは、設定を見る限り同名同型の別人(?)

武器f:id:iropenkun:20211217204740j:plainf:id:iropenkun:20211217204909j:plainこちらもビーが使うものと同じ型のブラスター

ビークルモード(劇中未登場)f:id:iropenkun:20211213225438j:plainクリフジャンパーのビークルモードは、説明によると「SFカー」。その名前通り、近未来の世界観のSF作品等に出てきそうな、流線形の車両に変形。パッと見、人が乗れる空間はなさそうです。

劇中のビーのサイバトロンモードも同じような形でしたが、クリフは変形することなく退場したので未登場に。

f:id:iropenkun:20211213230446j:plain後ろの造形も細かく作られてます。

f:id:iropenkun:20211213230544j:plain

総評

足のガワの噛み合わせは微妙ですが、ロボットモードを飾るだけなら良いと思います。ただ、上記や首の可動の件然り、品質の難も目立つので、あくまで「可変玩具」ではなく「キャラクター」を揃えたい・絡めたい人向けかなと。

以上、スタジオシリーズ版クリフジャンパーの紹介でした。では

初代ではビルドロンのリーダー格

f:id:iropenkun:20220103233700j:plainSS-51スクラッパー(スタジオシリーズ、リベンジ)※ダークサイド・ムーンにも同型が登場

本日はスタジオシリーズよりスクラッパーをご紹介。

初代アニメでは部隊のリーダー格。デバスターに合体する時は、右脚に変形。設計に秀でて、サイバトロンも素材とみなしているそう。

実写映画では、そもそもコンストラクティコン(ビルドロン)は喋らないのが大半なので、スクラッパーがどういう性格かは不明。

ディスプレイf:id:iropenkun:20211204153021j:plainスキップジャックの時に紹介し忘れましたが、コンストラクティコン(ビルドロン)は基本このピラミッド付近の背景で統一。地面にはデバステーターの影があります。

ロボットモード・武器f:id:iropenkun:20211204153658j:plainホイルローダーに変形すること以外、だいぶ変わってます。武器も初代と違い、左腕のチェーンメイスに。

f:id:iropenkun:20211204153111j:plainf:id:iropenkun:20211204153726j:plain実は発売時から言われているのですが、目の塗装位置が全然違います。仕様なのかミスかは、未だに謎。

f:id:iropenkun:20211202205415j:plainしかも、箱のイラストでは目の色がオートボットのような青になってます。こちらは多分ミス。一応、同型のオートボット自体はいますが、あちらは足の形が違います。

f:id:iropenkun:20211206140846j:plainf:id:iropenkun:20211206140908j:plainf:id:iropenkun:20211206140946j:plain右手はガワを少し外せば、劇中に近くなるかと。

f:id:iropenkun:20211206141006j:plainf:id:iropenkun:20211206141023j:plain左手は小さく、腕は細くなり、映画の姿より人型に近い体型になっていると感じます。

f:id:iropenkun:20211202141433j:plain箱の説明には、三作目「ダークサイド・ムーン」の、スクラッパー型やロングハウル型等を示唆していると思われる文が。実際、「同型の個体はまだ何処かに潜んでいる可能性がある」という解説の読み通り、五作目「騎士王」ではトレンチという同型(こちらはショベルに変形)のオートボットが登場。スクラップメタルと折衷すれば、トレンチも発売できたりしないですかね。

 

ビークルモードf:id:iropenkun:20211202141231j:plainf:id:iropenkun:20211202141248j:plain黄色い大型ホイルローダーに変形。映画のは、キャタピラー・992G」という車両みたいですが、変形の都合なのか、劇中のホイルローダーより体積が増した架空の車に。これについては賛否両論みたいですが、自分はこれはこれで好きです。

合体形態f:id:iropenkun:20211204155231j:plainf:id:iropenkun:20211202141056j:plain説明通り、デバステーターの右腕になります。初代では、デバスター(デバステーター)の右脚でした。合体形態単体でも、正直強そうな見た目。

総評

重機ロボ単体として見るならかなり良いです。接地性が高くないのは、合体機構の影響でしょうか。十分遊べるだけに、目の塗装やイラストが違うことで、ある意味損していると思います。

ツイッターでは、自分で塗り直している人もいましたが、自分の技術では自信がないのでこのまま妥協。

以上、スタジオシリーズのスクラッパーの紹介でした。では

衛星型情報参謀

f:id:iropenkun:20210504163948j:plainSS-55サウンドウェーブ(スタジオシリーズ、リベンジ)

今回は、スタジオシリーズよりリベンジ版サウンドウェーブです。

詳細

情報処理能力が高く、ハッキングが得意なディセプティコン。作中では、アメリカの人工衛星に融合・そこから抜き取った情報を仲間に送り、補佐役を務めました。ネット回線に侵入し、地球上のほぼ全ての情報を集めることが可能。

余談ですが、吹替声優の方が次作と違います。

サウンドウェーブとその間者の人間達については、別記事にて言及。ただし、こちらは私の考察多めです↓

iropenkun.hatenablog.com

 

ディスプレイf:id:iropenkun:20211201210209j:plain衛星軌道上とそこから見える地球。

サテライト(衛星)モードf:id:iropenkun:20211025172822j:plain基本は、衛星軌道上からの監視・回収作業は部下のラヴィッジやホィーリー(ウィリー)※に任せているため、劇中は地上でロボットモードになることはありませんでした。箱にある説明にも、「ロボットモードでの行動を確認した者はいない」とされています。※彼に至っては当時の玩具設定によると、威圧に弱かったため脅される形で協力させているそう(そりゃ裏切られる)

ロボットモード(劇中未登場)f:id:iropenkun:20211201205412j:plainf:id:iropenkun:20211201205325j:plainf:id:iropenkun:20211201202738j:plain当時の玩具でもロボットモードはありましたが、そちらと異なりスタジオシリーズでは人型に近い体型です。

間近で見て思ったのですが、この型を基にリデコすれば、スタジオシリーズで5作目の騎士達を再現できそうな気はします。

 

サウンドウェーブバリケードがどこか似た感じがするのは、元々1作目で出る予定だった名残でしょうか。あと、何気に2作目と3作目で目の数が違います。f:id:iropenkun:20211201205603j:plainf:id:iropenkun:20211201205613j:plain

台座

衛星状態等で使います。f:id:iropenkun:20211201202554j:plain

他にも、浮遊感のあるフィギュアの写真を撮るのに便利です。f:id:iropenkun:20211002181549j:plain

 

 (後ろの背景は、セリアの背景シートを使ってます)f:id:iropenkun:20210504164200j:plain総評

 単純に、未登場のロボットモードが見られるだけでもありがたいです。

また、台座の汎用性が非常に高く、これまでの撮影にも何度も登場してます。これまで私には、ポーズ付け用の台座が無かったので、本当に助かります。これでポージングが楽になるだけでなく、より躍動感のある構図ができるので。

f:id:iropenkun:20211202204622j:plainサウンドウェーブ本体の変形は無理があるとは感じますが、変形手順と造形のおかげか、自分だけのオリジナル形態が作りやすいので、「自由度」という意味では悪くないかと。

以上、SS-55サウンドウェーブの紹介でした。では

十年以上かかった無印メガトロン

f:id:iropenkun:20211128180102j:plainSS-46メガトロン(スタジオシリーズ、実写1作目 トランスフォーマー

今回ご紹介するのは、スタジオシリーズ映画1作目の姿のメガトロン。何気に、1作目メガトロンがほぼ新規造形で出たのは、私が確認できる限り十数年ぶりです。

長きにわたり地球で氷漬けだった破壊大帝。フレンジー始め、部下であるディセプティコン勢の暗躍により復活し、オートボットや人類の軍と激突!というのが、1作目のメガトロン。

公式が今も覚えているか不明ですが、1作目の前日譚小説でもわずかに登場してました。↓

iropenkun.hatenablog.com

 

当時の玩具設定によると、この時の彼は「パワーコア」なるものを内包しているらしく、他のトランスフォーマーとは桁外れの性能なんだとか。(なおそれ以降…いや、やめときましょう)

ディスプレイ

最終決戦の戦場と化した市街地と援護に来た戦闘機ラプター。メガトロンを攻撃したラプターの中に、スタスクが混じって攻撃している説なんてのもあります。(初代なら本当にやりかねない…)f:id:iropenkun:20211201180133j:plain

 

ロボットモード

結論から申し上げますと、このメガトロンは1作目と造形が違います。どちらかというと、f:id:iropenkun:20210915235301j:plainトランスフォーマーリベンジ」の小説版の姿が近いと思われます。※この作品のメガトロンはトリプルチェンジャーで、エイリアンタンクとエイリアンジェットの両方に変形するため。

f:id:iropenkun:20211130220504j:plain最初の文と矛盾しますが、このメガトロンはSS-11メガトロン(リベンジの姿)の型を流用しているようで、箱のイラストと見ても、明らかに胸全体の造形が合ってないです。

といっても、それ以外に原作と違いの大きい点は見つからなかったです。また、全身ガンメタルの塗装が施されており、ある意味豪華仕様に。

 

武器

 劇中だと手が変形してチェーンメイスになりますが、こちらは取り付ける仕様に。単体だと、まっすぐ伸びているため長い棍棒のようにも見えます。値段的にもこれが限界だったのか、残念ながら銃火器はありません。

(再現ではないですが、他のキャラと絡めてみる)f:id:iropenkun:20211130220634j:plain

別売りのDOTM版メガトロンの銃を持たせると、劇中らしくなる…と思う。f:id:iropenkun:20210504164348j:plainf:id:iropenkun:20211201003115j:plain

ビークルモード

サイバトロン星(またはサイバトロニアン)モードのエイリアンジェット。地球のビークルをスキャンしてないため、故郷(?)の姿のままになってます。

 顔が完全に収まったことで、劇中やMPMよりもスリムに見えます。あと、若干機首が、初代のサイクロナスビークルモードに似ている気が。 f:id:iropenkun:20211201091930j:plainf:id:iropenkun:20211130214953j:plain実は私、初めて映画でこの姿を見たとき、恥ずかしながらこういう乗り物が実在すると本気で思ってました。今ならドローンをいじれば作れたりしませんかね。

総評

MPMの廉価版だと思えば、納得はできます。また、可変玩具としては触った感じだと、予想よりも変形やポーズ付けが楽しめますね。 ツイッターでも述べましたが、どうしても胴体が違うのに目が行きがちですが、玩具としてのクオリティは高いと思います。

「メガプレックス」に見立てて扱うのもありかも。

以上、SS-46メガトロンの紹介でした。では

オフスクリーンの戦闘狂

f:id:iropenkun:20211128100416j:plainAD-28スナール(ムービーアドバンスド、ロストエイジ

今回紹介するのは、私の人生初の実写TF玩具でもある、ロストエイジのムービーアドバンスドシリーズよりダイノボットのスナールです。

玩具や設定のみの劇中未登場、いわゆるオフスクリーン枠で、設定だと「戦闘中のスリルが唯一の幸せ」の戦闘狂とのこと。ブラックナイト版(黒塗装版)は限定品で、入手難易度はそこそこ高そうです。

余談ですが、「スナール/Snarl」は「歯をむき出して唸る、唸り声」といった意味。アニメイテッド版ではトリケラトプス型でした。

 

iropenkun.hatenablog.com

 

恐竜モードf:id:iropenkun:20211129222710j:plainf:id:iropenkun:20211129222801j:plain初代と同じく、ステゴサウルスに変形。

箱の絵では、他の実写ダイノボット同様ガンメタル寄りですが、こちらの色は蛍光色グリーン。片足(ロボットモードだと肩になる部分)に紋章があります。

 

ロボットモード

f:id:iropenkun:20211129204144j:plainf:id:iropenkun:20211129204159j:plain

分かりにくいですが、顔はグリムロックと同じ仮面のようなものは無く、素のまま。

胸は車のボンネットのような形で、背中に複数の羽があるなど、実写ダイノボットとしては異質な姿。f:id:iropenkun:20211129223440j:plain

片足には、恐竜時の頭のダミーパーツがあります。没になった変形機構の名残でしょうか。f:id:iropenkun:20211129094634j:plain

武器

武器は、背中のトゲが変形した三日月斧のような刃と、尻尾を流用したトゲ棍棒。二つを合体させて、長い斧にすることもできます。f:id:iropenkun:20211128100527j:plainf:id:iropenkun:20211128100609j:plain

 宣伝画像によって、刃の向きや持ち方が違うようなので、どのように取り付けるかは、遊ぶ人次第といったところでしょう。f:id:iropenkun:20211128100638j:plainf:id:iropenkun:20211128100655j:plain

 

設定を度外視した実写TFチームf:id:iropenkun:20211028151124j:plain総評

実写ダイノボットでも姿や武器がかなり奇抜で、グリムロック達とは別の感覚が楽しめると思います。難点を上げるなら、少し前に紹介したバーサーカー同様立たせにくいのと、恐竜時にもロボットモードの手が見えてしまうのが残念。ですが、それ込みでも十分遊べるかと。まあ、初の実写TF玩具だけあってどうしても私の思い出補正はかかっているとは思いますが。

以上、ムービーアドバンスドシリーズのスナールのご紹介でした。では